2012年8月25日土曜日

Google Analytics SDK for Android v2 を訳してみた⑩「ユーザータイミング」

チームEggの赤峰です。

Google Analytics V2のβ版の翻訳第10段です。
libGoogleAnalyticsV2.jarの使い方が書かれています。
今回はユーザータイミングについてです。 原文はこちらです。
  Google Analytics V2 - User Timings(原文)

ユーザータイミング

このSDKは、β版のGoogle Mobile App Analyticsです。
興味ある方はある方は、サインアップしてβ版にアクセスしてください。



(項目)
概要
実装


[概要]
-------------------------------
ユーザのタイミングのトラッキングはGoogle Analyticsの期間をトラッキングするためのネイティブな方法を提供します。例えば、リソースのロード時間をトラッキングすることが有効です。

Google Analyticsのタイミングは以下のフィールドから成ります:
  • String カテゴリ - タイムイベントのカテゴリ測定
  • long インターバル - ミリ秒単位のタイミング
  • String (オプション) 名前 - タイミングイベントの名前
  • String (オプション) ラベル - タイミングイベントのラベル

ユーザータイミングデータは、主にユーザのタイミング·レポートに記載されています。


[実装]
-------------------------------
ユーザータイミングをトラッキングするには、trackTiming()を呼び出しタイミングインターバルと同様にカテゴリを提供します。次の例では、

いくつかのリソース読み込みが終了した後にonLoad()が呼び出されることを想定しています。このケースでは、ゲームのハイスコアのリストです。
public void onLoad(long loadTime) {
  // myTrackerはトラッカーのインスタンスです。
  myTracker.trackTiming(loadTime, "resources", "high_scores", null);
  ... // onLoadコードの残りの部分。
}


次回はEasy Tracker パラメータを翻訳します。

0 件のコメント:

コメントを投稿