2012年8月22日水曜日

Google Analytics SDK for Android v2 を訳してみた⑦「イベント」

チームEggの赤峰です。

Google Analytics V2のβ版の翻訳第7段です。
libGoogleAnalyticsV2.jarの使い方が書かれています。
今回はイベントについてです。 原文はこちらです。
  Google Analytics V2 - Events(原文)

イベント

このSDKは、β版のGoogle Mobile App Analyticsです。
興味ある方はある方は、サインアップしてβ版にアクセスしてください。


(項目)
概要
実装


[概要]
-------------------------------
イベントは、ゲーム内のボタンを押す、または特定のアイテムの使用と同様に、あなたのアプリケーションのインタラクティブなコンポーネントとユーザーの相互作用に関するデータを収集する便利な方法です。

イベントは、あなたのアプリケーションのコンテンツとユーザーのインタラクションを記述するために使用できる4つのフィールドから構成されています:
  • String カテゴリ
  • String アクション
  • String ラベル
  • Long (オプション) 値

SDKは、トークンのスタックを使用してイベントをとランキングするボリュームと周期を制限します。SDKには、最初に60トークンを付与します。Android用Google AnalyticsのSDKでは、トークンの単一のスタックは、すべてのトラッカーで共有されます。トークンは、イベントが追跡されるたびに削除され、トークンは一つの新しいトークンを2秒ごとの割合で再生成されます。


[実装]
-------------------------------
イベントをトラッキングするために、trackEvent()を呼んでください。例えば、ボタンの押下をトラッキングするために、このコードをOnClickListenerのonClickメソッドに加えたりします:
@Override
public void onClick(View v) {
  // myTrackerはトラッカーのインスタンスです。
  myTracker.trackEvent("ui_action", "button_press", "play_button", opt_value);
  ... // 他のクリックでコードを処理します。


次回はスクリーンを翻訳します。

0 件のコメント:

コメントを投稿